toggle
2021-07-13

床は何にしよう?|トイレリフォーム|東区上新屋町

こんにちはヽ(^o^)丿 明石すまいサポートの佐々木です。

今回は、浜松市東区上新屋町K様邸のリトイレフォームを行いました。
『前に便座部分から水漏れして・・床も大丈夫かな?』  
と、ご相談を受けました。
K様のトイレの床はフローリングですので、水漏れがあると
水を吸ってしまう事があります。
下の写真のように、表面が水を吸ってしまい盛上がってきます。


1回水を吸ってしまうと修復不可能なことが多いので
水漏れしてる時は早めの対処をしてくださいね(>_<)

今回のご提案は・・・
トイレ TOTO ネオレストDH1
床 タカラスタンダード ホーロークリーントイレパネル(フロア用グレインホワイト)


<施工前>

<施行後>

今回特に悩んだのが床の仕上げをなんの素材使うか?です。
トイレの床材としては
・クッションフロア
・Pタイル(プラスチックタイル)
・タイル
・フローリング
・トイレ用フロアパネル
などがあります。
一般的には、コストパフォーマンスが良く、水にも強い
クッションフロアが多いと感じます。
各床材色々優れている点などありますが、
今回はタカラスタンダードのホーローパネルをチョイスさせていただきました。
トイレメーカーが出している床材(壁材もありますが・・・)
は、汚れにくくお掃除がしやすい、臭いに強い、水(湿気)に強いが必須条件ですね。
タカラスタンダードの代名詞であるホーロー。
ガラス質の清潔さと金属の強さを兼ね備えた素材になっています。
・においの原因となるアンモニア成分などが染み込まない
・汚れても水拭きでOK
・湿気に強く傷みにくい
このような特徴があります。
また、壁用パネルを施工すれば、マグネット式のペーパーホルダーやタオルハンガーなども
ビス穴をあけることなく自由にお好みの位置に取り付け可能です。

K様のお宅はフロアパネルを便器周辺に施工させていただきました。
これで万が一の時にも大丈夫ですね(*^^)v

トイレだけではなく、トイレ空間を快適に!
ご相談はお気軽にどうぞ。

—————————————————————-
住まいの「困った」に即対応する、小工事リフォーム専門店 明石すまいサポート」

コンロ、給湯器、エアコンなどの機器交換から、トイレ・洗面・浴室リフォームなど、住まいのことでお困りのことがあれば、なんでもお気軽にご相談ください。

↓↓↓作業事例、お客様の声、多数掲載!
明石すまいサポート公式HP:https://www.akashi-sekiyu.co.jp/sumai/

住所:浜松市中区小豆餅3-22-1
TEL :0120-32-4649
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜、日曜

関連記事