toggle
2021-11-30

リフォーム|年末のお片付け|中区小豆餅

この頃、明石すまいサポートの母体である明石石油㈱では、全社で5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ) 活動について活発に取り組んでいます。
自分の家と違って、会社で使用している書類や道具などは、不要なモノなのか、いつまで管理する必要があるのかなど、一旦それを机の中や棚に保管してしまうと判断がつきにくいというのが現状で、頭を抱えながら頑張って5S活動をしている人の話を聞いたりもします。
5つのSが整うことで時間のロスやミスが減り効率良く業務を遂行できるようになれば、定時以降は自分の時間として大いに自分の為に使えますよね!
さて、2021年もあっという間に12月となり、いろいろと忙しい季節になりました。
会社では5S活動に励むとして、家では新年を迎えるために、家の中のあちこちを片付けしてキレイにしておきたい時期ですね。
よく、「片づけのコツ」って言いますが、簡単にまとめると「片付け」=「判断」+「定位置収納」なのですが、まずは「モノを捨てる」からです。
「やっぱりソレ?」と声が聞こえてきそうですが、モノを捨てる行為は自分の適量を知る上でも大事で、分かっているようで やってみると意外とハードルが高く出来ないものです。
なぜハードルが高いのか?・・・。
モノは自分が欲しくて購入したモノだったり、大切な方から頂いたモノだったりとモノに対しての思い入れがあり、「勿体無い」と感じてしまうからです。
「片付けのコツ」は捨てるモノを探すのではなく、残すものを探すというように「残す」を意識していくと、たくさんあるモノの中から使えるモノを選び抜く力がつき、判断基準ができてきます。
すると「いつか使うかも・・」と何年も使用することのない不要なモノが減って行きます。
そして今すぐ使いたいモノ、時々だけど出して使いたいモノと時間軸や使用頻度でモノを分けてみると、使い勝手の良い場所(定位置)が見つかり、そこへ収納していけば「片付け」がスムーズにできるでしょう。
キッチンまわりの棚や洗面台の収納スペースなど開けて備蓄品など消費期限切れや何年も使って無いモノをチェックしてみてくださいね。

—————————————————————-
住まいの「困った」に即対応する、小工事リフォーム専門店 明石すまいサポート」

コンロ、給湯器、エアコンなどの機器交換から、トイレ・洗面・浴室リフォームなど、住まいのことでお困りのことがあれば、なんでもお気軽にご相談ください。

↓↓↓作業事例、お客様の声、多数掲載!
明石すまいサポート公式HP:https://www.akashi-sekiyu.co.jp/sumai/

住所:浜松市中区小豆餅3-22-1
TEL :0120-32-4649
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜、日曜

関連記事